文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2018年(平成30年) 8月24日(金)付け紙面より

庄内地方厳しい残暑続く 汗だく「しな煮」作業

 暑さの峠を越えるとされる「処暑」の23日午前、庄内地方は厳しい残暑が続いた。山間部の鶴岡市関川では、伝統工芸品しな織の工程の一つでシナノキの樹皮を煮る「しな煮」が行われ、火にかけたドラム缶の大釜とむっとするような熱気で辺りを灼熱(しゃくねつ)にした。

 山形地方気象台によると、庄内地方はこの日、本州のはるか東の海上から張り出す高気圧に依然として覆われ、酒田市の最高気温が午後1時現在で38・1度と今年最高を記録するなど庄内地方の広い範囲で猛暑日となった。

 「しな煮」作業は、シナノキから剥いだ樹皮を軟らかくするためこの時期に行われる。灰汁(あく)を加えた湯が沸騰しない程度の火加減を早朝から夕方まで保つ体力仕事。午前4時ごろから暑さと戦うように火の番をした五十嵐キエ子さん(77)は「暑さに殺されるようだ。これも暮らしのため」と汗を拭った。暑さは24日にかけて続き、その後は前線や湿った空気の影響で雨や曇りとなり一時収まる見込み。

汗を拭いながらのしな煮作業=23日午前
汗を拭いながらのしな煮作業=23日午前



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field