文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2018年(平成30年) 7月24日(火)付け紙面より

週刊少年チャンピオン 漫画家・齋藤勁吾さん(庄内町出身) 初連載スタート

 庄内町出身の漫画家、齋藤勁吾(けいご)さん(24)=埼玉県在住=が、12日発売の「週刊少年チャンピオン」(秋田書店)で初連載をスタートさせた。激動の時代を切り開く幕末剣劇アクション漫画『アカトラ』で、夏の二大新連載の第1弾として巻頭カラーを飾った。

 齋藤さんは庄内町肝煎出身。清川小、立川中、鶴岡中央高、宝塚大卒。漫画を描き始めたのは高校2、3年生の頃。「漫画を描いていた友人や漫画家を目指すストーリーの漫画を読んでいた影響で趣味として始めた」と話す。大学進学を機に本格的に漫画家を目指した。大学在学中、「少年ジャンプNEXT!!」(集英社)でデビュー。これまで「週刊少年チャンピオン」でも読み切り作品を2本掲載しており、今回、満を持しての連載スタートとなった。

 『アカトラ』は、幕末を舞台とした物語。倒幕軍に所属する少女ヒバナと謎の青年・赫虎(アカトラ)。2人の出会いで時代が動きだす…? 赫虎の正体とは…。

 連載開始に齋藤さんは「漫画家という世間に影響を与える職に就く者として地元や関係者に迷惑を掛けないよう行動に気を付け、末永く頑張りたい」と意欲を見せ、「連載初回を読んだ高校時代の友人から連絡があって元気をもらった。庄内の皆さんも読んでみて面白かったらぜひ購入してください」と話していた。

庄内町出身の漫画家・齋藤さんの作品『アカトラ』。新連載の巻頭カラーイラスト=秋田書店提供
庄内町出身の漫画家・齋藤さんの作品『アカトラ』。新連載の巻頭カラーイラスト=秋田書店提供



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field