文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2017年(平成29年) 6月13日(火)付け紙面より

かがり火照らす幻想的舞台 羽州庄内松山城「薪能」上演

 羽州庄内松山城薪能が10日夜、酒田市の松山歴史公園特設舞台で上演された。かがり火が醸し出す幻想的な雰囲気の中、能、狂言が演じられ、市内外から訪れた能楽ファンの目を楽しませた。

 松山能(県指定無形民俗文化財)は、江戸勤番の松山藩士が観世流の能楽を習得して持ち帰ったのが起源で、約350年の歴史がある。明治維新以後は地元の演能団体「松諷社(しょうふうしゃ)」(榎本和介会長)が受け継いでいる。「薪能」は「花の能」と銘打って松山能振興会が中心となり、歴史公園竣工(しゅんこう)を記念し1982年から開いている。

 36回目となった今年は約160人の能楽ファンが訪れた。狂言「鬼清水」で開幕し日が暮れ始めた午後7時ごろ、薪がともされると一帯は趣ある雰囲気に。引き続き能「屋島」が演じられた。風が強く、時折雨も降るあいにくの天候にもかかわらず、訪れた人たちは揺らめくかがり火の向こうで舞う役者らの熱演に見入っていた。

かがり火が照らす中、演じられた羽州庄内松山城薪能
かがり火が照らす中、演じられた羽州庄内松山城薪能



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field