文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2022年(令和4年) 5月26日(木)付け紙面より

鶴岡天神祭 3年ぶりパレード 城下町彩る

「化けもの」繰り出す

 庄内三大祭りの一つ、鶴岡市の天神祭の本祭が25日、同市神明町の鶴岡天満宮(齋藤元宮司)や市街地で行われ、コロナ禍で規模縮小となったものの3年ぶりに祭りパレードが繰り広げられた。鶴岡天満宮やパレードには、祭りの主役「化けもの」も登場し、薫風の晴天の下、城下町の祭りを盛り上げた。

 学問の神様・菅原道真公を祭る鶴岡天満宮の祭礼。道真公が太宰府に流される際、人々が時の権力をはばかり、顔を隠して酒を酌み交わしたという故事に由来し、鶴岡では例年、長じゅばんや編み笠などを身に着けた「化けもの」が道行く人に無言で酒を振る舞う。今年は祭り客への酒やジュースの振る舞いは行わず、アルコール手指消毒して回るスタイルに変更した。

 この日午前、鶴岡天満宮で神事、ともに約300年前から伝わるという天狗舞、獅子舞が奉納され、「化けもの」が参拝に訪れる姿があった。親子で化けものとなった市内の女性は「化けものになるのは久しぶり。親子とも学ぶことを忘れないようにと祈願した」と話していた。

 メインのパレードは午後2時に市中央児童館をスタート。参加人数と距離を縮小し、昭和通りまでの約600メートルで繰り広げられた。酒井家庄内入部400年記念で化けもの参加者全員に、旧庄内藩主酒井家18代当主の酒井忠久さん揮毫(きごう)の特製木札が贈られた。25日は鶴岡公園内に露店が出店。祭りの郷土料理と旬の食材を使った特製弁当「化け弁」の販売なども行われた。
           

「大絵馬山車」ライトアップ

 天神祭を盛り上げようと、荘銀タクト鶴岡前で24日夜、大絵馬型山車の展示とライトアップが行われた。

 山車を作ったのは天神祭実行委員会の大絵馬パレード部会(神林守部会長)。今年は規模縮小でパレードに出演できなくなったため、展示とライトアップを企画し、25日と2日間実施。山車は全長10メートル、高さ4・5メートル、幅5メートル。菅原道真公を描いた大絵馬に加え、鶴岡天満宮の天狗(てんぐ)で道先案内の神「猿田彦」を据えてある。

 点灯初日の24日夜は、通りかかった多くの家族連れやカップルが足を止め、写真を撮っていた。神林部会長は「まちを明るくしたいという思いで企画した。来年こそパレードでお見せできれば」と話していた。

長じゅばんに編み笠姿の親子の「化けもの」が参拝に訪れ、学業成就を祈願=25日午前、鶴岡天満宮
長じゅばんに編み笠姿の親子の「化けもの」が参拝に訪れ、学業成就を祈願=25日午前、鶴岡天満宮

荘銀タクト鶴岡前に登場した大迫力の山車。ライトアップで祭りを盛り上げた=24日、午後7時ごろ
荘銀タクト鶴岡前に登場した大迫力の山車。ライトアップで祭りを盛り上げた=24日、午後7時ごろ


2022年(令和4年) 5月26日(木)付け紙面より

麺恋の 酒田ラーメン巡り旅PR 公益大生が動画撮影協力

 酒田のラーメンに着目したイベント「麺恋(めんごい)の!酒田んめもの巡り旅」が行われ、地元のラーメン愛好者たちを楽しませている。今月23日には市内のラーメン店で東北公益文科大学ラーメン同好会「麺恋の」(佐藤諒多会長、メンバー13人)が、PR用動画の撮影を行った。

 イベントは合同会社「地域総合商社」(同市東泉町六丁目、伊藤捷代表社員)が企画。昨年12月、東京の不動産関連の企業に勤めていた伊藤代表と業務執行役員の政木佑也さんが古里・酒田にUターンして設立。不動産、イベント企画・展開を手掛ける。先月には酒田・遊佐両市町にある全9蔵の地酒を飲み比べる「酒田出逢い酒」を企画、好評を博した。

 「麺恋の!」は「酒田出逢い酒」に続くイベント第2弾。同大ラーメン同好会「麺恋の」が協力し、5月9(月)―6月30日(木)までの期間中、市内の▽満月▽麺工房「さらしな」▽酒田ラーメン「照月」▽三日月軒緑ケ丘店▽アイアイひらた食事処「南麓」―の5店のラーメンを制覇し、5店などで入手できるスタンプカードを完成させると、同好会が監修した袋麺「山形W塩ラーメン」(2食分、なくなり次第終了)がプレゼントされる。スタンプカードはメッセージカードにもなっており、スタンプを集めると“ラーメン愛”溢れるメッセージが現れる。

 23日には、「麺工房さらしな」(同市亀ケ崎五丁目)に「麺恋の」メンバー4人が来店。自分たちも協力した「アイアイひらたの塩」と「さかたの塩」がブレンドされた「山形W塩」が使われた塩ラーメンをおいしそうに味わう姿などを動画撮影した。佐藤会長は「さっぱりしていてのどごしが良く、食べ応えがある。SNSなどで発信しながら、食べることを通して地域貢献していきたい」などと話していた。

 今回撮影した動画は動画投稿サイト「YouTube」で後日公開する。

佐藤会長(左)らがPR用の動画を撮影
佐藤会長(左)らがPR用の動画を撮影



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field