文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2018年(平成30年) 9月12日(水)付け紙面より

鶴工高で模擬体験会

 鶴岡電気工事協同組合青年部(本間昌樹部会長、29人)の高校生交流事業が11日、鶴岡工業高校で行われ、同校電気電子科の1年生37人が高所作業車の実車や配線接続など、電気工事の仕事を模擬体験した。

 地元の高校生に電気工事業界へ理解を深めてもらおうと昨年秋に引き続き実施。この日は青年部メンバー13人が同校を訪れ、高所作業車の実車体験、油圧ベンダーによる金属配管曲げ、電線剥ぎ取りと電線接続、鉄板穴加工の体験をサポートした。

 生徒たちはカッターナイフやパンチャーなど工具の扱いのこつなどを丁寧に教えてもらいながら体験。このうち、高所作業車の体験では、安全ベルトの装着の仕方を教わり実車すると、校舎より高い地上15メートルの高所を体感。釼持陸斗さん(15)は「校舎の屋上が下に見えた。上で回ったり止まったりすると振動があり怖かったけど、慣れれば大丈夫。街中で高所作業車を見掛けたらどんな仕事をしているかじっくり見てみたい」と話した。本間部会長は「青年部は鶴工OBが多いので、交流しながら電気工事の仕事に興味を持つきっかけにしてもらえたら」と話した。

高所作業車で地上15メートルを体感する鶴工生
高所作業車で地上15メートルを体感する鶴工生



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field