文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2019年(令和1年) 12月12日(木)付け紙面より

第14回鶴岡市芸術祭 最高賞の芸術祭大賞 鶴岡剣聖会「剣と扇の舞」輝く

 鶴岡市芸術文化協会(東山昭子会長)は、9月から開催された第14回鶴岡市芸術祭の受賞公演を発表した。最高賞の芸術祭大賞には剣聖流剣詩舞鶴岡剣聖会(佐藤昌直代表)の「鶴岡剣聖会『剣と扇の舞』」が輝いた。授賞式は21日(土)午後2時から東京第一ホテル鶴岡で開催される「芸術祭閉幕のつどい」で行われる。

 市芸術祭は新市発足を機に、2006年度に旧6市町村の各芸術文化団体と市教委の主催で新たにスタートした。14回目の本年度は9月1日に始まり今月1日まで、51団体が参加し計42公演を繰り広げた。

 このほか優秀賞には▽錦心流琵琶全国一水会鶴岡支部(市川清治代表)第50回錦心流琵琶鶴岡支部演奏会▽鶴岡ウインドオーケストラ(加藤聡代表)鶴岡ウインドオーケストラ・秋の公演2019オータムコンサート(第3回定期公演)▽一東書道会鶴岡支部畊雅会(阿部律子代表)一東書道会鶴岡支部畊雅会37周年かな書作展▽ハウオリフラスタジオ(ハウオリ・マルヤマ代表)ハウオリフラスタジオ14周年公演▽鶴岡市いけばな7流派(担当=華道栖草流鶴岡支部・庄司栖和)第56回各流派合同いけばな展▽鶴岡吹奏楽団(前田政文代表)鶴岡吹奏楽団第35回定期演奏会▽表現舎刻一刻(佐藤正一代表)表現舎刻一刻第18回公演「新・曽根崎心中」―の7公演が選ばれた。

 芸術祭大賞に決まった鶴岡剣聖会の公演は11月24日に荘銀本店ホールで行われた。時代考証を巧みに取り入れた舞の解説・紹介、舞の表現もはっきりとしており、会場を埋めた市民に大きな感動を与え、観客を魅了する公演となり、企画・構成ともに優れた内容が高く評価された。鶴岡剣聖会は初の大賞受賞。

芸術祭大賞に決まった鶴岡剣聖会の公演「剣と扇の舞」
芸術祭大賞に決まった鶴岡剣聖会の公演「剣と扇の舞」



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field