文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2005年(平成17年) 8月4日(木)付け紙面より

甘味十分桃の収穫盛ん 羽黒町松ケ岡 来週には「あかつき」登場

 庄内地方の桃の産地として知られる羽黒町松ケ岡地区で、早生(わせ)種の収穫作業が盛んに行われている。来週には主力品種「あかつき」の収穫が始まり、最盛期を迎える。

 松ケ岡地区では、柿に次ぐ果樹として1983年から桃の栽培が始まった。全国的には山梨県や福島県、本県内陸地方などが産地として有名だが、庄内では地物として松ケ岡産が定着している。

 地区全体で約6・5ヘクタールのうち、約3・5ヘクタールに約1400本栽培している地元の農事組合法人「松ケ岡農場」(吉野嵩恒代表理事)では、先月末から早生種の「暁星」や「紅国見」の収穫が始まった。

 今年は春先の低温続きで花の開花が遅れ、例年より収穫期が1週間ほど遅れているが、甘みは十分で品質・収量とも期待できるという。吉野代表は「昨年は生育落果や7月の大雨の影響があったが、今年はいいようだ」と話した。

 2日は、約10人ほどで収穫作業。赤く実った実を選びながら傷つけないように1つ1つ丁寧にもぎ取っていた。収穫した桃は直売所などほとんどが地元で消費される。収穫は今月中旬ごろまで。

羽黒町松ケ岡地区で桃の収穫作業が盛んに行われている
羽黒町松ケ岡地区で桃の収穫作業が盛んに行われている



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field