文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2005年(平成17年) 8月5日(金)付け紙面より

何でも食べます 箸の日に園児誓う

 鶴岡市民田の宝昌院(小池公雄住職)で4日、「箸(はし)供養」が行われ、保育園児たちが使い古した箸を焼いて供養した。

 同院では、子供たちが日ごろ使っている箸に感謝することで、好き嫌いを無くしてもらうとともに、食べ物を粗末にしないようにと、食糧難だった1948年から箸供養を始めた。その後「8(は)月4(し)日」を箸の日とし、近所の子供たちが箸を持ち寄って供養している。

 この日は、近くの民田保育園の園児39人が参加。園児たち全員が使い古した割り箸を持参し、小池住職が読経する中、「箸塚」の前でたかれた箸に、「好き嫌いしないで食べます」と手を合わせていた。
 
 小池住職は「好き嫌いしないで何でも食べて元気な子になってください」と語りかけ、1人ひとりに新しい割り箸をプレゼントした。

使い古した割り箸を箸塚に供えて供養する園児たち
使い古した割り箸を箸塚に供えて供養する園児たち



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field