文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2007年(平成19年) 5月24日(木)付け紙面より

庄内米ファンクラブ 「全国行脚」スタート 第1弾は愛知県豊田市を訪問

 全農庄内本部(菅原伝一本部長)が中心となり昨年結成した「庄内米ファンクラブ」(会長・黒土三男映画監督)による、庄内米PRのための「全国行脚」がこのほど、愛知県豊田市の老人ホームを皮切りにスタートした。黒土監督がかまどで炊いた「のびのび(コシヒカリつくばSD1号)」を広く振る舞うもの。同ファンクラブ事務局の同本部米穀部では、今後も同キャンペーンを全国各地で開催する方針。

 同ファンクラブは昨年5月、来年度まで展開する米づくり運動「感動のおいしさ庄内米・こめづくり運動」推進本部の設立に合わせ設置。同8月からインターネットで会員募集を開始した。会員特典としては、期間限定、地域限定の減農薬米やコシヒカリSDなどこだわりの庄内米が入手できるほか、会員を対象にクイズやアンケートに答えるだけでプレゼントが当たる「グローアップマンスリーキャンペーン」が現在、開催されている。

 ファンクラブ設立総会の席上、黒土監督が「PR活動の一環として全国のホールの片隅などを借り、かまどで炊いた庄内米を振る舞うことを考えている。おいしさを実感してもらえたら」と話したことから実現した今回の「全国行脚」は、「かまどでご飯を炊こう!庄内米キャンペーン」と名付けられた。

 第1弾のキャンペーンは19日に愛知県豊田市の老人ホームで行われ、入居のお年寄り、近隣の小・中学生と父母を招待。黒土さん自らがかまどの前に陣取り、周囲に漂う煙に悪戦苦闘しながら用意した「のびのび」計10キロを5回に分け炊飯した。招待客は、かまどで炊いたご飯のおいしさを再確認していた。

 同本部米穀部は「今後も全国のより多くの人々に米のおいしさ・大切さを訴えていきたい」と話している。

庄内米PRキャンペーン第一弾=愛知県豊田市
庄内米PRキャンペーン第一弾=愛知県豊田市



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field