文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2007年(平成19年) 5月25日(金)付け紙面より

酒田駅前ジャスコ跡地 市の取得決定 当面は広場に活用

 酒田市は23日、JR酒田駅前の旧ジャスコ酒田駅前店跡地(幸町一丁目)の土地約6000平方メートルについて、地裁酒田支部が市への売却許可を決定したと発表した。駅前の再開発事業を進めていた民間企業の破産に伴い、市が破産管財人に買い取りを申し出ていた。今後、市土地開発公社(理事長・中村護副市長)が購入した後、市が買い戻して取得し、当面は広場として活用していく方針。ジャスコ閉店から約10年間にわたり放置されてきた「酒田の玄関口」は、ようやく市の主導で活用が図られる見通しとなった。

 市によると、売却許可が決定されたのは、いずれも地元資本の「酒田駅前ビル」「ベルコーポレーション」「パークコーポレーション」の3社が所有している土地5筆、合わせて6032・64平方メートル。売却価格は3億8608万8960円。

 うち約半分の土地を所有している酒田駅前ビルは昨年3月に自己破産。同社の大口債権者の酒田信用金庫が債権処理の一環で、跡地を一括して市に売却しようと、残りの土地を所有しているベルコーポレーション、パークコーポレーションの2社に土地の売却を要請。しかし、価格面で折り合わず暗礁に乗り上げたため、同金庫は昨年秋にこの2社の破産を地裁酒田支部に申し立てた。今年3月に同支部はこの申し立てを認め、2社の破産が決定した。

 それを受けて市では先月12日付で、破産した3社の破産管財人に対し、土地の買取希望書を提出していた。同様の土地買取希望書はほかに3法人から出ていたという。

 今回の土地のほか、旧ジャスコ跡地にはまだ約480平方メートルの土地が残っており、市では所有する3個人・法人に売却を打診、いずれも前向きな回答を得ているという。全体を取得すれば、総面積は6516・34平方メートルとなる。

 市では「酒田の玄関口」としての景観に配慮し、年度内にも土地を囲っているフェンスを撤去する。 阿蘇弘夫建設部長は活用について、「庁内で検討しているほか、市民要望を踏まえ、議会などともよく相談して詰めていく。当面は広場として活用したい」としている。

 ジャスコ跡地は、1997年8月にジャスコが閉店して以来、しばらく旧店舗ごと放置されていた。2002年から酒田駅前ビルが、国土交通省の補助で複合ビルを建設する再開発事業に着手。04年春までに旧店舗と駐車場ビルを解体したが、資金繰りやテナント探しで難航し、同社は昨年3月に自己破産した。その後、酒田信用金庫が市に跡地の取得を働きかけ、市でも「公共性が高く、酒田のイメージを左右する。権利関係が整理されたら取得したい」(昨年6月定例市議会で阿部寿一市長)など応じる意向を示し、権利関係の整理を待っていた。

酒田市への売却許可が決定された旧ジャスコ酒田駅前店跡地
酒田市への売却許可が決定された旧ジャスコ酒田駅前店跡地



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field