文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2007年(平成19年) 7月8日(日)付け紙面より

総合型地域スポーツクラブ 県連絡協議会が設立 新規開設を支援 活動の充実図る

 県内の総合型地域スポーツクラブ同士の情報交換や交流の拠点となる連絡協議会の設立総会が6日、山形市の県スポーツ会館で開かれた。地区別の研修会開催などのほか、新規にクラブの開設を目指す団体を積極的に支援し、県内各地域の生涯スポーツ活動の充実を図っていく。総合型地域スポーツクラブによる全県対象の組織設立は、全国的にも珍しいという。

 連絡協議会は、設立準備中の8団体を含め35クラブが登録。この日の設立総会には各クラブの代表ら約60人が出席し、規約や本年度の事業計画、収支予算などを決め、初代会長に鶴岡市民健康スポーツクラブの鎌田博子クラブマネジャーを選任した。協議会への登録数は県内4地区別では、庄内地区が団体数、会員数とも最大となっている。

 設立総会で鎌田会長は「各クラブ、県、県体協の協力で、ようやく設立することができて感無量。設立がゴールではなくスタートだ。創設に向けて頑張っているクラブの悩みを自分たちの悩みとして聞きながら、みんなで知恵を出し合って組織を育てていきたい」と抱負を述べた。

 初年度の事業計画では、クラブ運営にかかわる研修会を地区別に実施するほか、事例発表や全体交流の場とする「地域スポーツクラブサミット」を県と共催で12月に開く。各クラブの活動事例などを紹介する広報紙も発行する。

 総合型地域スポーツクラブは、地域の実情に応じた生涯スポーツの拠点として県内各地で創設されている。旧44市町村単位では現在、設立準備中を含め27市町村に計41団体がある。県などは2011年度までに全市町村での創設を目指している。
          

地域生涯スポーツの拠点となる県内の各クラブが結集した連絡協議会の設立総会
地域生涯スポーツの拠点となる県内の各クラブが結集した連絡協議会の設立総会



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field