文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2007年(平成19年) 10月16日(火)付け紙面より

内濠の生物保護 KHV感染受けコイは処分 鶴岡公園

 コイヘルペス(KHV)に感染したコイが確認された鶴岡市の鶴岡公園で15日、水を抜いた後に残った水生生物の捕獲作業が始まった。

 同公園を管理している市都市計画課は対応として、内濠の水を近くの内川に流さないよう水門を閉鎖するなどの措置を講じる一方、下水管を設置して内濠の水約9000トンをポンプでくみ上げた後、濠内の消毒、中和、養生作業で水質を元に戻す計画を立てている。

 排水作業は今月9日から約1週間かけて行われ、平均で水深50センチほどあった内濠の水はほとんどなくなり、水底が姿を現した。13日にハクチョウ4羽を保護して鳥小屋に移動させ、15日からは水底に残った生物の捕獲作業に移った。

 この日の作業は市都市計画課の職員や業者など8人で行われ、大きなタモ網を使って水底をすくった。このうち菖蒲園中州周辺ではマゴイ一匹のほか、甲羅の長さが約30センチのミドリガメ、ナマズやフナの稚魚などを捕獲した。また、殻長25センチほどに大きく成長したカラスガイも見つかった。

 同課によると、捕獲作業は2―3日で終了する予定。捕獲したコイを処分するほか、それ以外は越冬池や水槽などで保護し、水位が回復した後、濠内に戻すという。
          

水を抜いた内濠で残った生物の捕獲作業が行われた=15日
水を抜いた内濠で残った生物の捕獲作業が行われた=15日



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field