文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2007年(平成19年) 5月11日(金)付け紙面より

モウー気持ちいい!! 雄大な月山高原で放牧始まる

 鶴岡市羽黒町の月山高原牧場で10日、牛の放牧が行われ、月山の雄大な景色が広がる牧草地に牛たちが放された。

 標高300―400メートルの月山ろくに位置する同牧場は広さ約100ヘクタール。毎年、5月中旬から10月下旬まで、庄内地方の畜産農家から預かった牛や羊を放牧している。

 今シーズンは遊佐、酒田、鶴岡、三川の4市町の約50戸の畜産農家から和牛144頭、乳牛20頭、親子24頭の計188頭を受け入れ。関係者によると一昨年と昨年は大雪の影響で1週間ほど放牧が遅れたが、今シーズンは牧草の生育が良好で平年通りの放牧となった。

 この日は親子牛を除く164頭を放牧。トラックで運ばれてきた牛たちは、体重や体高の測定を受けた後、次々と緑色のじゅうたんへ放された。

 残雪の月山の雄大な景色が広がる牧草地に散った牛たちは時折、「モウー」と気持ち良さそうに鳴き声を上げながら、ゆったりと草をはんでいた。来月には羊が放される。

「やっぱり外は気持ちいいよ」。牧場でゆったりと過ごす牛たち
「やっぱり外は気持ちいいよ」。牧場でゆったりと過ごす牛たち


2007年(平成19年) 5月11日(金)付け紙面より

発展と人材育成誓う 酒田商業高創立100周年 節目祝い記念式典・講演

 酒田市の県立酒田商業高校(田澤藤明校長)の創立100周年記念式典・講演会が9日、同市の希望ホールで開かれ、これまでの1世紀を振り返り、今後のさらなる発展と有為な人材の育成を誓った。

 この日の式典は生徒と教職員、同窓会員ら約1000人が出席。国歌斉唱に続き田澤校長が「本校の卒業生は1万6000余人を数え、実業界はもとより、学者、哲学者、詩人、芸術家など各界で活躍する多彩な人材を輩出している。これは創立時から商業教育の名の下、酒田の中等教育を担い支えてきた本校の特色を示すもの」と語り、「校訓『進取の気象』を脈々と受け継ぎ、新しい商業教育を通して21世紀をたくましく生き、社会に貢献できる有為な人材の育成に全力を挙げる」と述べた。

 また、創立100周年記念事業実行委員会委員長を務める齋藤俊勝・紫紺同窓会長が「100年、1世紀は重く、深い大変な歳月。21世紀に入り商業・経済教育は一段と重要になってきている。新たな時代に果敢に挑戦できる人材となるため、生徒諸君は青春を謳歌してほしい」とあいさつした。

 県教育委員会の松浦孝一教育次長、同市の阿部寿一市長らの祝辞に続き、生徒を代表し富樫祐太生徒会長(3年)が「100周年はとてもうれしいし、誇りに思う。生徒全員が力を合わせ、先輩が築いてきた校訓を守っていきたい」と喜びのことば。最後は全員で校歌を斉唱した。

 引き続き記念講演会が行われ、京都市立伏見工業高校ラグビー部総監督の山口良治さんが「信は力なり」と題し講演した。

100周年を祝って校歌を館内に響かせる生徒たち
100周年を祝って校歌を館内に響かせる生徒たち



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field