文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2007年(平成19年) 6月27日(水)付け紙面より

防犯へピカピカ運動展開 酒田四中 自転車磨き意識向上図る

 酒田市立第四中学校(小野一彦校長、生徒653人)で25日、「自転車ピカピカ運動」が行われ、生徒たちが自分の通学用自転車をピカピカに磨いて防犯ステッカーを張り、防犯への意識を新たにした。

 酒田警察署と管内の学校関係者らでつくる酒田飽海地区学校警察連絡協議会(会長・小野酒田四中校長)の事業の一環として初めて実施した。自転車の盗難や放置が増加傾向にある中、物を大切にする心を養い、防犯の意識を高める狙い。

 先に酒田遊技業協同組合から寄贈された自転車防犯用ステッカー1万5000枚を使い、酒田四中を皮切りに管内のすべての中・高校で実施していく。

 一斉下校のこの日、酒田警察署生活安全課や地区の少年補導員、同校の先生たちが自転車小屋で、帰宅する生徒たちに「自転車を大切に使って」「盗まれないようにきちんと鍵をかけて」など声をかけながら、ステッカーとぞうきんを手渡した。

 生徒たちは後輪の泥除けなどをぞうきんでピカピカに磨き、ステッカーを張っては、「さようなら」と元気な笑顔で家路に向かっていた。
          

自転車をピカピカに磨いて防犯ステッカーを張る酒田四中の生徒
自転車をピカピカに磨いて防犯ステッカーを張る酒田四中の生徒


2007年(平成19年) 6月27日(水)付け紙面より

庄内南部で大雨被害 土砂崩れや民家床下浸水

 庄内地方は26日、鶴岡市を中心に未明から朝にかけて激しい雨が降り続いた。この大雨の影響で鶴岡市の湯田川、上郷、田川、三瀬地区や温海地域などで土砂崩れや民家の床下浸水の被害が相次いだ。温海地域では県道や市道がかん水、列車は羽越本線などが一時運休するなど交通機関が乱れた。午前6時27分に庄内南部に発令された大雨・洪水警報は午前11時に大雨・雷・洪水注意報に切り替わった。

 酒田測候所によると、気圧の谷の影響で鶴岡市を中心に局地的に激しい雨に見舞われた。

 県総合防災課によると、1時間あたりの最大降水量は温海岳37ミリ、鼠ケ関33ミリ、荒沢32ミリ、櫛引21・5ミリを観測。温海岳では降り始めから午前8時までに146ミリの総雨量があった。

 鶴岡市によると、上郷地区の大谷集落で土砂崩れがあり、7戸が床下浸水した。田川、水沢地区の民家裏山の斜面で土砂崩れがあった。

 湯田川地区では温泉街の側溝があふれ一時道路がかん水。田中集落の民家で車庫や作業場が床下浸水した。三瀬地区でも床下浸水の被害が出た。

 温海地域の菅野代地区では沢水があふれ民家3件が床下浸水、住民が一時自主避難した。また、久曽川の流木が川をせき止め、近くの市道が約300メートル区間かん水し、通行止めとなった。木野俣地区では、県道温海川木野俣大岩川線で流木が道路をふさぎ通行止めとなった。

 河川は温海地域の小国川で警戒水位を超え、地元消防団が土のうを積み警戒に当たった。
          

用水路から道路に水があふれた県道湯田川大山線=午前9時ごろ
用水路から道路に水があふれた県道湯田川大山線=午前9時ごろ



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field