文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2008年(令和-10年) 2月6日(水)付け紙面より

「一球の大切さ」 上

田沢芳夫氏(元南海投手、鶴岡市出身)を偲ぶ

 昭和30年代にプロ野球で活躍した田沢芳夫(元南海ホークス投手=鶴岡市出身)が1月25日、急性心不全でこの世を去った。現役時代の活躍を知る人も少なくなったが、田沢が生涯こだわり続けた「一球の大切さ」を紹介する。

 1936(昭和11)年8月28日、西田川郡加茂町(現鶴岡市加茂)で漁師の長男として生まれた。幼いころから櫓櫂(ろかい)を漕(こ)ぎ、カレイやワタリガニなどを捕って、家業を手伝いながら草野球に高じていた少年・田沢芳夫(右投げ・右打ち)が野球で頭角を現したのは小学校6年生ごろからだった。

 1年後輩の泉谷寿一(70)=鶴岡市加茂=は「小学生ながら中学生も打てない球を投げていた。野球センスはずば抜けていた」と語る。

 加茂中(統廃合により現鶴岡五中)から、県立鶴岡工業高校へ進学。「一球」へのこだわりは、この鶴工時代にさかのぼる。1年から打撃を買われ、野手としてレギュラー入り。球が速く、「いずれはエース」の期待が高まりそれに応えようと、全体練習が終わった後も、暗くなってボールが見えなくなるまで連日150球以上投げ込んだ。

 同級生で捕手を務めていた本間幸一(71)=同大山一丁目=は「当時はミットにスポンジを入れ、人さし指を出さずに捕球していたが、速くて重く指が痛くてしょうがなかった。試合では直球だけでバット(木製)を何本もへし折った。性格はおとなしかったが学業も優秀だった。(私は)長くアマチュア野球の審判を務めたが、鶴岡では田沢の豪速球が一番」と、今も太く腫れ上がった左手人さし指を見せながら話す。

 53(昭和28)年秋には新チームのキャプテンでエース、4番としてチームを引っ張り、直球とシュートだけ(カーブは投げられなかった)で、酒田工業高を逆転で下し県大会を制した。しかし、東北大会は諸般の事情(資金難?)から出場できなかった。

 54(昭和29)年夏は、県大会決勝で山形南高に勝ち、福島県で開催された東北大会(宮城、福島、山形の3県から甲子園出場は1校)に駒を進め、庄内勢初の甲子園出場を賭けて戦った。1回戦の郡山商業高(福島県代表)、準決勝の仙台商業高(宮城県代表)を完封で下し、ついに甲子園が手の届くところまできた。決勝は地元福島商業高だった。

 試合は3―1と鶴工がリード。8回に失策と安打で1点差まで詰め寄られ、なおも2死満塁。2ストライク3ボールのフルカウント。捕手のミットを目がけ満身の力で投げた「一球」。得意の直球はインコース真ん中へ。微妙なコースだったが判定は「ボール」。押し出しとなり同点に追いつかれた。動揺したのかその後打ち込まれ、試合は3―6で逆転負け、またしても甲子園の夢が絶たれた。

 一球の大切さについて田沢は、『鶴工野球部の歩み』に、「あの一球は、ボールだったのか? ストライクではなかったのか? あれがストライクとジャッジされていたら甲子園に行けていたかも知れない。そうなっていたら運勢も変わっていたかも知れない“あの一球”は、ボールのジャッジで良かったと思っている。甲子園に行っていたら、おそらく天狗(てんぐ)になっていただろうし」と記している。

 高校時代の3年間は朝晩毎日、足駄(あしだ)(当時の男子高校生は定番)を履き、加茂から旧道の加茂坂を通り、大山の旧庄内電鉄の北大山駅まで歩いて通った。

 昨年11月に死去した「神様、仏様」で知られる元西鉄ライオンズの大投手・稲尾和久が、幼いころから大分の別府湾で小舟に乗り、漁を手伝ったことが「連投できる体力と精神力を養った」という話は有名だが、田沢も晩年「幼いころからの生活(漁の手伝い、通学)は体力的にプラスだった」と語っている。

 『平田杯 80年のあゆみ』に「勝負は、下駄(げた)を履くまで分からん! とよく言う。鶴工は福島(大会開催地)に下駄を履いて行ったのに……残念でした」と鶴工時代の思い出に書いている。

 また、『鶴工野球部の歩み』には「毎年夏が近づくと、新聞に穴があく程見てしまう」と寄せ、母校の活躍を楽しみにしていた。果たせなかった甲子園出場は、後輩たちにより31年後の94(平成6)年夏に実現。2回戦の八頭高(島根県代表)との試合(4―5で敗れる)は、在学生・OBらとともにアルプススタンドから応援した。

(文中敬称略・上林達哉)

県大会を制し優勝カップを手にする田沢投手と優勝旗を掲げる富樫捕手(本間幸一氏提供)
県大会を制し優勝カップを手にする田沢投手と優勝旗を掲げる富樫捕手(本間幸一氏提供)



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field