文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2008年(平成20年) 6月6日(金)付け紙面より

立谷沢川 平成の名水百選に 県内唯一、地元の保全活動も評価

 環境省が4日に公表した全国の河川、わき水などから選んだ「平成の名水百選」に、県内から庄内町の立谷沢川が選ばれた。認定書は今月25日、都内で交付される。

 環境問題が7月の洞爺湖サミットで主要議題の一つになることなどを受け、水環境保全活動の推進を図るため選定した。旧環境庁時代の1985年に選んだ「名水百選」はそのまま残す。

 今回は、地元で住民が主体的に保全活動に取り組んでいる「名水」が対象になった。全国から推薦があった162カ所から、有識者による調査検討委員会が「水質・水量」「保全活動」などを基準に100カ所に絞り込んだ。

 立谷沢川は、東北地方建設局の調査で「東北一きれいな川」に選ばれたこともあり、県内屈指の清流として知られる。町と流域自治会などが昨年、「日本一の清流・立谷沢川を創(つく)る実行委員会」(会長、有賀小太郎・大中島自治会長)を立ち上げ、流域で河川保全活動に取り組んでいる。

 同町商工観光課立谷沢川流域振興係は「町では2006年に策定した『立谷沢川流域振興基本計画』に基づき、住民と一緒になって環境美化活動を進めてきた。その結果が評価され、喜んでいる。今後も一番の財産である美しい自然を守りながら、この川を産業や観光の振興に役立てていきたい」としている。
          

「平成の名水百選」に県内から唯一選ばれた庄内町の立谷沢川
「平成の名水百選」に県内から唯一選ばれた庄内町の立谷沢川



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field