文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2009年(平成21年) 6月20日(土)付け紙面より

生態系の変化と人とのかかわり 北平田小6年生調査

 酒田市の北平田小学校(石堂與子校長)の6年生16人が18日、同校に隣接する水田で「田んぼの生き物調査」を実施した。この日、発見できた生物はカエル、イトミミズなど。児童たちは9月にも再度、調査し今回のデータと比較することにしている。

 さまざまな生物がいるところは人にとっても住みやすい場所であることを学んでもらうとともに、調査を通し環境に優しい地域づくりを図るため、市北平田地区農業振興協議会(佐藤好博会長)が同校と人間・生物双方に優しい農業の輪を広げようと諸活動を行っているNPO法人「生物多様性農業支援センター」(本部・東京都町田市、原耕造理事長)の協力で企画した。

 調査内容は、同法人が世界各地で展開しているマニュアルに基づき、肥料や除草剤の散布量で変化するpH値、電気伝導度、水温などの水田環境、水田では食物連鎖の最上位に位置するカエル、同じく最下位のイトミミズの生息数など。

 児童たちは原理事長から調査手法などを聞いた後、同校南側に隣接する岡部博さん方の水田10アールで調査。あぜ道でカエルを探したり、泥の中に網を入れるなどし生物がいるかどうか調べた。

 その結果、カエル、イトミミズのほか、ザリガニ、ヤゴなど計21種の生物が見つかった。児童の1人、渋谷大河君(11)は「ザリガニが発見できてうれしい。これから農薬などをあまり使わないよう大人に呼び掛けていきたい」と話し、原理事長も「最近は全国的にトンボの生息数が減っている。そのためか、食物連鎖でトンボの下位に位置するやぶ蚊が増えている。生態系は1つでも欠落すると、人の生活に支障が及ぶということを知ってほしい」と話していた。

はだしで水田に入り生物の生息調査などを行った
はだしで水田に入り生物の生息調査などを行った



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field