文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2009年(平成21年) 6月21日(日)付け紙面より

23日間の航海へ 加茂水産高鳥海丸 生徒12人乗せ出港

 鶴岡市の加茂水産高校(三浦幸雄校長、生徒152人)の2年生12人を乗せた漁業実習船「鳥海丸」(本間正利船長)が20日、酒田市の酒田港東ふ頭を出港した。生徒たちは23日間にわたり日本海でイカの資源調査などを実習する。

 日本海の主要水産資源であるスルメイカの日本海中・北部沖合への来遊状況の把握・分布の解明、海洋観測などを目的に、1992年から毎年、6―7月に行っている恒例の実習。

 今年は、海洋環境科マリンスポーツ系2年生12人(うち女子生徒3人)と指導教官、本間船長ら乗組員、水産庁職員ら合わせて35人が、来月12日までの23日間にわたり乗船する。

 着岸している酒田港東ふ頭で行われた出港式には、乗船者とともに、同校生徒、実習生の保護者、教職員らが参加。三浦校長が「これまで1年をかけて学んできたことを生かす時。来月にはひと回りも、ふた回りも大きくなって帰ってきて」とあいさつ、生徒会長の遠田優平君(3年)が「この航海は、高校生活の中でも大きな思い出になるだろう。元気な姿で帰ってくることを願う」と激励した。

 実習生が「規律を守ります」「イカをたくさん釣ってきます」などと抱負を述べた後、五色の紙テープが舞う中、同船は新潟市の新潟港を目指し出港した。

 同港で水産庁職員を乗せ、22日から本格的な調査に入る予定。

生徒や教職員らに見送られて実習船が出港
生徒や教職員らに見送られて実習船が出港



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field