文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2009年(平成21年) 7月20日(月)付け紙面より

うなぎ店大忙し 土用の丑の日

 「土用の丑(うし)の日」の19日、各料亭やうなぎ料理店は、夏バテ防止にとうなぎを買い求める人たちでにぎわい、大忙しとなった。

 100年以上続く鶴岡市本町一丁目の老舗「長山亭」によると、今回は3連休の中日となり、前日の18日に食べに来た人も多く、最初の土用の丑の日としては例年より予約は少なめという。それでも昼の予約だけで約60人前の注文が入った。

 この日は、店主で4代目の鈴木嘉男さん(75)と5代目の規夫さん(48)を中心に、従業員や親類合わせて9人かがりの作業。午前5時半から約800くし分のうなぎをさばいて、くしを打つ仕込みに追われた。

 厨房では規夫さんが焼きを担当。うなぎを“秘伝”のタレにくぐらせ、1枚ずつ焼き具合を確認しながら丁寧に焼き上げ、厨房には香ばしいにおいが立ち込めていた。規夫さんは「荒焼きの後、柔らかく蒸したうなぎの身は崩れやすく、焦げやすい。何年やっても難しい」と、焼きの作業に集中していた。

焦がさないように丁寧に焼き上げた=鶴岡市の「長山亭」
焦がさないように丁寧に焼き上げた=鶴岡市の「長山亭」



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field