文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2009年(令和-9年) 10月4日(日)付け紙面より

メダカを救おう 庄内町で「ひっこし大作戦」

 庄内町と酒田市を結ぶ余目酒田道路の整備工事に伴い、工事区間内の用水路から絶滅危惧(きぐ)種のメダカやマツカサガイを救出する「ひっこし大作戦」が3日、庄内町常万で行われた。近くの余目第二小学校(安在彰校長)の児童有志も参加し、泥だらけになりながら魚を追った。

 地域高規格道路の余目酒田道路は国道7号、47号の渋滞緩和などを目的に、2006年に工事着手。工事区間は庄内町廻舘から酒田市東町までの12・7キロ。事業者の国土交通省酒田河川国道事務所が工事の前に調査したところ、工事区間内の農業用水路にメダカやマツカサガイが生息していることが分かり、捕獲と移動を検討していた。

 この日の「ひっこし大作戦」には、余目二小の1―4年生20人のほか教員と保護者、同事務所、最上川土地改良区、原田眞樹町長ら町職員など計約80人が参加。メダカの捕獲作業では、水をせき止めた用水路に大人と子供が入り、たも網などで水をすくうとメダカやタモロコ、ドジョウなどが次々とかかった。

 児童たちは水路の土管やコンクリート製のふたの下へ網を差し込み、しぶきを飛び散らせながら「そっち、そっち」「いっぱいとれたよ!」と歓声を上げていた。

 場所を移してマツカサガイの捕獲作業を行った後、同校近くの公園内の水路に放流した。メダカの一部は学校に持ち帰り、観察用に飼育するという。

泥だらけでメダカの捕獲作業を行う余目二小の児童たち
泥だらけでメダカの捕獲作業を行う余目二小の児童たち



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field