文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2009年(平成21年) 10月12日(月)付け紙面より

阿部さん(酒田出身)プロ棋士に 県内から26年ぶり、地元で祝賀会

 日本将棋連盟「奨励会三段リーグ戦」で好成績を収め、今月1日付で「プロ」とされる4段に昇段した酒田市出身の阿部健治郎さん(20)=東京都在住=の昇段を祝う祝賀会が10日、同市勤労者福祉センターで開かれた。阿部さんは「タイトルを目指したい。応援よろしくお願いします」と力強く語った。

 阿部さんは、5歳のころから父と兄が将棋を指しているのに興味を持ち、小学1年の時から故土岐田勝弘8段(棋道師範、昨年10月逝去)が主宰する同市の土岐田将棋道場に通い始めた。同4年でアマ初段位。同6年からは月に1、2回、宮城県の加部康晴道場に通い、その後、同連盟奨励会(西村一義9段門下)への入会を果たした。酒田南高卒業後に上京、本格的にプロ棋士を目指していた。

 今期(第45回)の奨励会三段リーグ戦(33人参加)では18対局中、13勝5敗の好成績を収め今月1日付で昇段が決定、プロ棋士となった。県内からは26年ぶりのプロ誕生という。アマ時代の棋歴には全国中学生選抜将棋選手権準優勝などがある。

 祝賀会は、同連盟荘内支部(佐々木清支部長)の主催で、師匠の西村9段はじめ将棋関係者ら約60人が出席。佐々木支部長が「待望のプロ棋士誕生。阿部さんに対し、土岐田先生が常々、『プロに向いている』と話していたことを思い出す。一流の棋士になることを祈る」、西村9段が「才能豊かで努力もしており、今後が期待できる若者。あとは運を味方に付ければタイトルを狙える。温かい目で応援していただきたい」とそれぞれあいさつした。

 同連盟県支部連合会の山口雅則会長、酒田市の中村護副市長らの祝辞に続き、登壇した阿部さんは「山形は大会に恵まれ、将棋をする上で本当に良い環境。このような環境で力と自信を付けることができた。皆さんの期待に応えられるようタイトルを目指したい」と謝辞を述べた。

 阿部さんによると、プロとしてのデビュー戦は12月の予定。

祝辞などを受け謝辞を述べる阿部さん(右)。左は師匠の西村9段
祝辞などを受け謝辞を述べる阿部さん(右)。左は師匠の西村9段



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field