文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2010年(平成22年) 1月22日(金)付け紙面より

「合祭殿」で雪下ろし 出羽三山神社 命綱つけ国の重文守る

 鶴岡市の出羽三山神社(緒方久信宮司)の三神合祭殿で21日、雪下ろしが行われた。同神社の職員たちが屋根に積もった約3メートルの雪を払った。

 現在の合祭殿は1818(文政元)年に完成したもので、高さ28メートル。主に杉材を使用し、かやぶきの豪壮な建物。1970―72年にかけ開山1380年記念奉賛事業の一環で塗り替え修復工事が行われ、現在の姿になった。2000年に国の重要文化財に指定された。

 雪下ろしは、雪の重みから合祭殿を守る冬季恒例の作業。同神社の職員4人が腰に命綱を巻き、傾斜が約45度もある屋根の上から積もった雪をスコップやスノーダンプで次々と落としていた。

 作業をした職員の1人は「今年は昨年よりも雪が多い。作業は1週間くらいかかると思う」と話していた。

合祭殿の屋根に降り積もった雪が次々と落とされた
合祭殿の屋根に降り積もった雪が次々と落とされた



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field