文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2010年(令和-8年) 6月15日(火)付け紙面より

NPO法人の拠点開所 鶴岡市大山 環境保全へ連携

 鶴岡市内などに本部を置くNPO法人の活動拠点とする共同事務所「おおやまNPOセンター」が同市大山三丁目に開設され、13日、開所式が行われた。大山地区の自然環境や歴史文化などを学ぶプログラム作成やワークショップの実施などの支援活動を通して、地域の活性化につなげていく。

 NPO法人同士が互いに協力、連携しながら事業を展開していこうと、空き家を利用して共同事務所を開設した。同センターに本部を置くのは、地域情報支援のイーコム(加藤清輝理事長)と、環境学習支援のグランドワーカーズ(加藤清輝代表理事)の2団体。ほかに、山形市内に本部を置く国際協力や災害救援支援など4団体が庄内地域の連絡事務所として活用する。

 グランドワーカーズは、ラムサール条約に登録された大山上池・下池や高館山など一帯の自然や歴史をテーマにした学習プログラムを、地元住民や環境保全団体などと協力して作成していく。イーコムは、県の委託事業として庄内浜で水揚げされる魚の種類と調理法、レストランの情報などをインターネットで紹介するポータルサイトを立ち上げる。

 開所式には、関係するNPO法人や地元の観光協会、商工会などから約20人が出席。テープカットで開所を祝った。地元の関係者は「大山地区を元気づけるためのソフト展開をどうするか、悩んでいた。このセンターと地域が一体となって、大山の素晴らしい環境を守り、地域活性化につなげたい」などと話していた。同センターの担当者は「地域のサロンとして多くの人から出入りしてもらい、人と人、人と情報をつなぐ役割を担い、県内での地域づくりの先駆的なモデルにしていきたい」と話した。

開所した「おおやまNPOセンター」
開所した「おおやまNPOセンター」



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field