文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2010年(平成22年) 9月9日(木)付け紙面より

慰問のお礼は笑顔 お年寄りにすし振る舞う

 すし店「三幸」(鶴岡市本町二丁目)店主の川上祐士さん(70)が8日、鶴岡市羽黒町手向の特別養護老人ホーム「かみじ荘」(吉田誠施設長)を訪れ、入所のお年寄りににぎりずしやちらしずしを振る舞った。

 川上さんは「外出機会の少ない施設のお年寄りに、おすしをたくさん食べてもらいたい」と毎年かみじ荘を訪問し、無償でおすしを提供しており今年で19回目。

 今回は、入所者のほかショートステイとデイサービスの利用者合わせて約90人分を用意。マグロやサーモン、甘エビなどのにぎりずしと、イクラなどを載せたちらしずしを振る舞った。

 お年寄りの中にはあっという間に一人前を平らげ、おかわりをする人も。80代男性は「マグロが一番好き。毎年楽しみにしている」と話していた。川上さんは「にぎりずしではかめない、飲み込めないという人のため、昨年からちらしずしも出すことにした。喜んでもらえたらこちらもうれしくなる」と話していた。

お年寄りたちに「いっぱい食べて」と声を掛ける川上さん(中央)
お年寄りたちに「いっぱい食べて」と声を掛ける川上さん(中央)



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field