文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2011年(平成23年) 2月9日(水)付け紙面より

「日本一子育て応援」 庄内町がランドセル寄贈 

 庄内町は7日、4月から町立立川小学校(齋藤雅志校長)に入学する子供たちへランドセルと黄色の帽子を贈った。小学校入学を間近に控えた子供たちは、ピカピカのランドセルを手に笑顔を輝かせた。

 ランドセルの寄贈は、旧余目町時代から30年以上続いている伝統行事。以前は庄内各地で行われていたが、町村合併などに伴い次第に減少し、県内で実施しているのは現在、庄内町だけとなっている。「日本一子育て応援の町」を掲げる同町は今年、町内5小学校の新1年生185人全員にランドセルと、登下校の際にかぶる黄色の帽子を贈る。

 この日、立川小で行われた贈呈式には、狩川幼稚園と立谷沢保育園、清川保育園の年長組計28人が出席。欠席した園児を含め34人が今年4月、同校に入学する。はじめに原田眞樹町長が「皆さん、今日を楽しみにしてきたと思います。6年間大事に使ってください」と園児たちに呼び掛けた。

 保護者が見守る中、各園の代表として山本望愛ちゃん(狩川)、佐藤颯来君(清川)、長南快君(立谷沢)の3人が原田町長からランドセルを背負わせてもらい、池田定志教育長から黄色の帽子を贈られてにっこり。続いて園児一人一人にランドセルと帽子が贈られた。

 狩川幼稚園に通う太田帆香ちゃん(6)は「ランドセルをもらってとてもうれしい。友達と一緒に学校へ行くのが楽しみ」と笑顔を見せた。ランドセルは9日までに町内すべての新1年生に贈られるという。

大きなランドセルを受け取る園児たち
大きなランドセルを受け取る園児たち



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field