文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2011年(平成23年) 7月2日(土)付け紙面より

夢中 箏の演奏体験

 国内外で活躍する筝(そう)曲家、沢井一恵さんらが30日、鶴岡市の県立鶴岡養護学校(土門明校長、児童・生徒140人)を訪れ、生徒たちと筝を奏でるなどして交流した。

 バイオリニストの五嶋みどりさんが理事長を務めるNPO法人「ミュージック・シェアリング」(本部・東京都千代田区)の訪問プログラムの一環。コンサート会場に足を運ぶ機会の少ない子供らに、協力アーティストが「本物の音楽」を届けるもの。沢井さんと、教え子による「さわい筝アンサンブル」の5人が訪れ、中学部の生徒27人と交流した。

 はじめに沢井さんらが「六段の調べ」や現代曲「鳥のように」「炎」を演奏。弦をたたいたり、棒でこすったりしてさまざまな音を出すダイナミックな演奏に、生徒たちは引き込まれるように聞き入った。

 その後、地元の邦楽器店の協力で約20台の筝が用意され、生徒たちが演奏を体験。筝は、張られた弦を手前に順番にはじくだけで「かえるの合唱」の一節「かえるのうたが きこえてくるよ」の音程が出るように調整されたもの。生徒たちは沢井さんらの手ほどきで弦を順番にはじいたり、筝の底をたたいたりして、夢中になって取り組んだ。「とても楽しかった。またやりたい」と興奮気味に話す生徒もいた。

沢井さん(奥)と一緒に筝の演奏を体験する生徒
沢井さん(奥)と一緒に筝の演奏を体験する生徒



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field