文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2011年(平成23年) 10月19日(水)付け紙面より

いたぞ!!大物ナマズ 泉小児童調査に協力 家際排水路でざっこしめ

 酒田市街地北部を流れる家際排水路で17日、魚類生態調査が行われた。近くの泉小学校(大川英一校長)の「つりクラブ」メンバーが協力。網を使って追い込み漁を行い、体長40センチもある大物ナマズをはじめフナやボラなど、多くの魚を捕まえた。

 市街地の河川などに実際に生息する生き物を捕獲し、種類や大きさなどを調べることで河川環境の変化を知るとともに、地元の子供たちに“ざっこしめ”の楽しさを通して川や水質に関心を持ってもらおうと、市が2001年度から例年この時期に行っている。

 近年は泉小「つりクラブ」の面々が協力しており、この日はクラブ長の仁平航輔君(12)ら4―6年生計27人が参加。東北環境開発(本社・鶴岡市下清水)の今井努さんから「水の中はゆっくり歩くこと」など注意を受けた後、胴付き長靴を着込んで市クリーンセンター近くから排水路に入った。

 捕獲の際は月光川の魚出版会の鈴木康之さんらが指導。数人が鈴木さんとともに上流側に先回りして魚を追いたて、下流側で待ち受ける半月型の網ですくう作業を、JR羽越本線近くまで延長約500メートルにわたって繰り返した。

 家際排水路は住宅地を通って新井田川に注ぐ典型的な都市型人工河川。少し悪臭がして水質は良くないものの、子供たちは「あっ、いた」「大きいぞ」などと歓声を上げながら作業を続け、20センチほどのフナやオイカワ、ボラの稚魚、ナマズなどを数多く捕獲した。

 ともに4年生で初めて参加した三浦拓真君(9)は「楽しかった。でっかいナマズが捕れてびっくり」、佐藤想来君(10)は「魚がいるのは知っていたけど、こんなにいっぱい捕れてうれしい」と話していた。

体長40センチもあるナマズを捕まえ子供たちから歓声が上がった
体長40センチもあるナマズを捕まえ子供たちから歓声が上がった



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field