文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2011年(平成23年) 10月20日(木)付け紙面より

大粒で色合い良く 「孝子丸」収穫始まる

 庄内柿の一種「孝子丸(こうしまる)」の収穫が18日、鶴岡市羽黒町松ケ岡の匹田二三さんの農園で始まった。

 孝子丸は1983年に匹田さんの夫の故・孝士さんが在来種・平核無(ひらたねなし)の枝変わりとして発見。接ぎ木で殖やし、91年に品種登録を受けた。在来種に比べ粒が大きく丸みがあり、上品な甘さが特長。現在は孝士さんの遺志を引き継いだ二三さんが1ヘクタールの畑で約100本を栽培している。

 今年は、春の芽吹きの時期に強風で葉が落ち、実のつきが少なめというが、例年通り大粒で色合いよく実った。風は冷たいものの青空が広がった18日午後、今年初の収穫作業。匹田さんが大きくなったものを選び、一つ一つはさみを入れて腰に下げたかごに入れた。

 脱渋処理をして、週明けから順次出荷。収穫は今月いっぱいを見込んでいる。問い合わせは孝子丸農園=電0235(62)2707=へ。

青空の下、大きく実った孝子丸の収穫作業が始まった
青空の下、大きく実った孝子丸の収穫作業が始まった



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field