文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2011年(平成23年) 3月25日(金)付け紙面より

「診てもらって安心」 酒田地区医師会 被災者の健康状態チェック

 酒田地区医師会(本間清和会長)は23日、東日本大震災の被災者が身を寄せている酒田市親子スポーツ会館で、避難者の健康診断を行った。

 同会館には23日現在、福島県相馬地方を中心に35人が避難。急性肺炎を引き起こして日本海総合病院に搬送される人が出るなど、長期化が予想される避難所暮らしで健康状態に不安のある人もいることから、市、県結核成人病予防協会庄内検診センター、酒田地区薬剤師会の協力を得て実施した。

 この日は本間会長(ほんま内科胃腸科医院長)と、いずれも同センターの看護師5人、検査技師3人、事務職員3人が同会館を訪問。受診を希望した15人について検温や尿検査、血圧測定、内科検診を行った。

 福島市から孫と2人で避難し、18日から同会館で生活している齋藤照さん(79)は「特に悪いところはないと言われた。これで安心して眠れる。丁寧に診てもらい、ありがたい」と感謝の言葉。津波で福島県南相馬市の自宅が流され、娘夫婦と孫2人の計5人で17日から暮らしている佐々木光江さん(65)は「福島県内の避難所では疲れから一度倒れた。しっかりした検査はここが初めて。三度三度、おいしい食事も用意してもらい、受け入れ体制がとても良い」と話していた。

避難者が酒田地区医師会などによる健康診断を受けた
避難者が酒田地区医師会などによる健康診断を受けた



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field