文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2012年(平成24年) 4月26日(木)付け紙面より

不思議光の現代アート

 光をテーマにした現代アートを集めた特別展覧会「ようこそ。魔法の美術館~みんなで楽しむ光のアート」が、鶴岡市の鶴岡アートフォーラムで開かれている。見て、触れて、感じる体験型の展示会で、紙吹雪を散らして花を咲かせるものなど大人から子どもまで楽しめる企画となっている。

 難しい、分からないといったこれまでの美術鑑賞の垣根を取り払い、誰もが楽しめる展覧会として企画。国内外で活動しているメディア・アーティスト7個人・団体の作品計11点を展示した。

 大きな半円状の物体に手をかざすと強い光を放つものや、壁に向かって動くと映像が残像のように不規則に動くものなど、ユニークで不思議なものばかり。東京工芸大助教の浅野耕平さんの「Garden(ガーデン)」と題した作品は、3畳ほどの花壇を模した空間に和紙やコピー用紙の紙吹雪が用意され、紙吹雪を散らすごとに天上のセンサーが感知。紙吹雪の上に映像が投影されて若葉が芽生え、色鮮やかな花が一面に花開くというもの。「花咲かじいさんみたい」と喜びながら家族連れなどが楽しんでいた。

 観覧料は一般500円、高校・大学生300円、中学生以下は無料。5月27日まで。

光の花壇に花が咲いたよ―。紙吹雪を散らすごとに花が咲くなど不思議な現代アートが集まった展覧会
光の花壇に花が咲いたよ―。紙吹雪を散らすごとに花が咲くなど不思議な現代アートが集まった展覧会



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field