文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2013年(平成25年) 3月27日(水)付け紙面より

海に親しみさらなる飛躍を 酒田海洋少年団修了式

 酒田海洋少年団(鈴木兵一団長)の2012年度修了式が23日、酒田市総合文化センターで開かれ、本年度の訓練や活動に励んだ団員たちに修了証が授与された。

 県内唯一の海洋少年団となる同団は、少年・少女に海に親しむ機会を与え、海洋思想の普及や海洋に関する科学的知識の習得などに努めている。

 本年度の団員は酒田市のほか鶴岡市、三川町の小学1年生から高校2年生まで計23人。毎週日曜日の活動では手旗信号やロープワークなど基本訓練をはじめ、水泳カッター漕法などの訓練を積んだ。また、昨年9月には青森県八戸市で開かれた日本海洋少年団東北地区に参加し、他県の団員と交流を深めた。

 修了式には団員17人と保護者が出席。鈴木団長から全団員の修了証が団員代表に授与され、続いて3カ年皆出席賞、1年間の皆出席賞、努力賞がそれぞれの団員に手渡された。

 鈴木団長は「活動への出席率もよく、充実した訓練により皆さんのレベルも上がった。来年度も団員となり訓練に励むよう願う」と式辞。石川翼久酒田市教育長、樫尾浩司東北運輸局山形運輸支局次長、久門洋一酒田海上保安部長が「災害時には皆さんの訓練経験が市民の大きな支えとなるだろう。たくさん友達をつくり、交流を深め大きな人になってほしい」などと祝辞を述べ、さらなる飛躍を期待した。

鈴木団長(左)が団員代表に本年度修了証を授与
鈴木団長(左)が団員代表に本年度修了証を授与



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field