文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2013年(平成25年) 7月6日(土)付け紙面より

文化の違い学びたい ラフォア訪問団 鶴岡の中学生12人決意

 鶴岡・ラフォア友好協会(勝木正人会長)が、鶴岡市の友好都市のニューカレドニア・ラフォア市に中学生を派遣する親善訪問団の結団式が3日、市中央公民館で開かれ、派遣される市内の中学2―3年生12人が「文化の違いを学んできたい」など決意を発表した。

 親善訪問団は今月29日から来月6日まで8泊9日の日程で、南太平洋の仏領ニューカレドニアを訪れ、ラフォアの家庭にホームステイしながら現地の文化に触れ、同年代の子供たちと交流を深める。訪問団には勝木会長や引率の教師、市職員ら5人が同行する。派遣事業の公募には17人が応募し、12人が選ばれた。ラフォアへの派遣は隔年で実施され、今回が9回目となる。

 結団式には派遣される中学生と保護者らが出席。訪問団長となる勝木会長が「ホームステイでは家族の一員として積極的に手伝いをしてほしい。いろんな経験ができ、きっと成長できるはず」とあいさつ。榎本政規市長が「鶴岡の中学生たちの代表ということを自覚して鶴岡の良さをPRし、楽しみながら異文化を貪欲に学んできてほしい」と激励した。

 派遣される中学生たちは「海外に行くのは初めて。外国の文化を学んできたい」「いろんなことを経験して、自分の将来に役立てたい」「ラフォアの人たちに鶴岡のことをたくさん伝えたい」など訪問への決意を発表した。今後、事前研修でフランス語の簡単な会話などを学び派遣に臨む。

ラフォア派遣の結団式で団員の中学生が決意を発表した
ラフォア派遣の結団式で団員の中学生が決意を発表した



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field