文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2013年(平成25年) 8月1日(木)付け紙面より

漂着ごみの影響学ぶ

 「親子環境教室」が29日、鶴岡市内で行われ、参加者たちが海岸やごみ処理施設の見学などを通して環境問題について考えた。

 市環境課が子どもたちの夏休みに合わせて毎年開いている。今回は市内の親子約20人が参加し、香頭ケ浜(由良)や一般廃棄物最終処分場(岡山)、リサイクルプラザ「くるりん館」(水沢)の見学のほか、月山ビジターセンターで小鳥を呼び寄せる「バードコール」作りなどを体験した。

 このうち香頭ケ浜では、講師役の市職員が、市内の海岸には新潟県や北陸地方からごみが流れ着いている現状や、市内から流れたごみは遊佐町や秋田県に漂着することを解説。さらに漂着ごみが与える影響として、鳥の誤飲や景観の悪化、海水浴客のけがなどを挙げ、ポイ捨てしないよう注意するとともに「地域の清掃活動に参加して海や川をきれいにしよう」と呼び掛けた。

 環境教室に参加した森心遙さん(8)=朝暘一小3年=は「ごみをポイ捨てすると生き物が困るので、ごみは持ち帰ります」と理解を深めていた。

漂着ごみの説明を聞く参加者。砂浜には漂着したとみられるプラスチックごみが目立った=鶴岡市由良の香頭ケ浜
漂着ごみの説明を聞く参加者。砂浜には漂着したとみられるプラスチックごみが目立った=鶴岡市由良の香頭ケ浜


2013年(平成25年) 8月1日(木)付け紙面より

医療の現場を体感 荘内病院でオープンホスピタル

 高校生が医療の現場を学ぶ「オープンホスピタル」が31日、鶴岡市の荘内病院(三科武院長)で開かれた。将来、医師や薬剤師を志望する高校生たちが救命処置や手術の模擬体験を通して医療の現場に触れた。

 地域医療における中核病院としての役割を知ってもらうとともに、体験を通して医師などを目指す思いを深めてもらおうと同病院が2011年から実施している。今回は鶴岡南、鶴岡東、鶴岡中央、羽黒の4校から合わせて15人が参加した。

 午前中はオリエンテーションの後、救命処置の模擬体験や手術室の見学、消化器検査の模擬体験などを行った。

 このうち救命処置の模擬体験では、人工呼吸や心臓マッサージの方法を学んだほか、医師以外はほとんど行うことのない「気管挿管」に挑戦。菅秀紀医師と須藤大輔研修医が倒れて意識をなくした患者の口からチューブを挿入し気道を確保する方法を指導した。医師から「指先をうまく使って操作して」とアドバイスを受けると、高校生たちは真剣な表情で模型にチューブを差し込んだ。

 鶴岡南高校2年の加藤舞さん(16)は「将来医学部を目指していて、医師がどんなことをしているのか知りたくて参加した。専門的な体験もできて将来へのモチベーションが上がる」と目を輝かせた。
 午後からはヘリポートや検査室の見学、内視鏡外科手術の模擬体験などが行われた。

気管挿管を模擬体験する高校生(左)
気管挿管を模擬体験する高校生(左)



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field