文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2014年(令和-4年) 9月28日(日)付け紙面より

豊作に感謝し稲刈り 献饌田で「抜穂祭」

 庄内たがわ農協(黒井徳夫組合長)の「抜穂祭」が26日、鶴岡市羽黒町玉川の大鳥居周辺の献饌田(けんせんでん)で行われ、豊作を感謝する神事と稲刈りが行われた。

 抜穂祭は2007年から毎年行っており今年で8回目。5月の御田植祭で苗を植え、抜穂祭で収穫したコメは出羽三山神社の新嘗祭(にいなめさい)などの恒例祭典、各神事で使われる。

 同農協職員や地元農家など約70人が参加し、出羽三山神社による巫女(みこ)舞や降神の儀などの神事が行われた。その後巫女が山伏と共に献饌田のつや姫を手刈りした。羽黒第一小学校の1―2年生たちも収穫に協力し「稲が大きくて重い」と話していた。

 同農協の田中壽一代表理事専務は「8月は日照不足だったが大きな自然災害もなく、まずまずの出来となった。出羽三山の豊かな地に感謝し、今年4年目を迎えるつや姫を大事に育んでいきたい」と話していた。

たわわに実った稲を収穫する出羽三山神社の巫女たち
たわわに実った稲を収穫する出羽三山神社の巫女たち



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field