文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2015年(平成27年) 9月17日(木)付け紙面より

酒田市産米粉100%アレルギーフリーパン 学校給食へ提供始まる

 酒田市産の米粉100%でアレルギーフリーのパンを学校給食に提供する試みが15日、同市でスタートした。11月11日まで6回に分け、市内の全小中学校で1回ずつ実施される。

 この米粉パンは、東北日本ハムが酒田市産「はえぬき」を原料に開発したもので、アレルギーの特定原材料7品目(卵、小麦、乳、エビ、カニ、ソバ、落花生)を含まないのが特長。同市では地産地消とアレルギーへの理解浸透を狙いに、2013年度に6校で始め、昨年度に19校に拡大。本年度は全34校(26小学校、8中学校)で実施する。

 初日のこの日は5小学校と3中学校の計8校で、教職員分を含め約2600食が提供された。このうち宮野浦小学校(阿彦裕光校長、児童381人)の4年生の教室では、イカリングフライやポークビーンズなどとともに提供。子供たちは「甘い」「耳まで柔らかい」など米粉パンをおいしそうに食べていた。

 小松壮大君(9)は「もちもちしていて、米の味がしておいしい」、秋葉舞花さん(10)は「パサパサしてなくて、ひんやりしっとり、もちもちしている」と話した。

 同市内の小中学校では普段の給食で、同市産「はえぬき」、月に1度は同「つや姫」を提供するなど地産地消を推進している。アレルギー対応では学校ごと、別メニューの給食や自宅からの弁当などで対応しており、「アレルギーフリーの食材でみんなと同じものを食べる意義も大きい」(市農政課)という。

地元産米粉100%のパン給食を楽しむ子供たち=宮野浦小
地元産米粉100%のパン給食を楽しむ子供たち=宮野浦小



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field