文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2015年(平成27年) 10月31日(土)付け紙面より

酒田市の中学生22人 海外派遣へ出発

 酒田市の中学生海外派遣事業「はばたき」の出発式が29日、庄内空港で行われ、市内の中学2年生22人が米国オハイオ州に向け出発した。来月7日まで9泊10日にわたり滞在し、現地の中学校への体験入学やホームステイなどを通じ米国の文化や価値観に触れてくる。

 市教育委員会が国際理解やコミュニケーション能力の養成などを狙いに1996年からほぼ毎年実施しており、今年で18回目。募集・選考された生徒22人が4回にわたる事前学習で現地への理解を深めた。指導者4人と共に派遣される。

 この日、庄内空港3階ロビーで行われた出発式では、市教委の今野誠学校教育課長が「先輩は感想文で『英語での会話をどんどん理解し、答えが自然に出てくるようになった』と書いている。みんなそうなるので、自信を持って自分の思いを伝えてきて。自分の意志で参加したのだから、『連れていかれる旅』にならないように」と激励した。

 これに対し、生徒代表の佐藤太紀君(14)=酒田三中=が「共に支え合い、団結し、絆を発揮したい。市の代表として堂々と活動し、積極的に現地の文化や価値観を学んでくる」と決意を述べた。その後、生徒たちは保護者に見送られ、東京行きの飛行機に乗り込んだ。

 一行はオハイオ州デラウェア市に行き、デンプシー中学校への3日間の体験入学、5泊のホームステイ、ワシントンDCの市内見学などを行う。今回は、デラウェア市と姉妹都市の盟約締結の可能性を探る市使節団(団長・村上幸太郎教育長、団員5人)が今月31日―来月5日の日程で渡米し、デ市で中学生たちと合流、文化交流行事に参加する予定。

オハイオ州に向け出発した中学2年生
オハイオ州に向け出発した中学2年生



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field