文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2016年(平成28年) 4月21日(木)付け紙面より

カラスの勝手は許さない 電柱上の巣を撤去

 東北電力酒田営業所(齊藤豊所長)は19日、酒田市藤塚地内で、電柱上に作られたカラスの巣の撤去作業を報道陣に公開した。ショートなどによる停電を防ぐため毎年、管内の3市町(酒田市、遊佐町、庄内町)でこうした作業を500カ所以上で行うという。

 カラスは毎年4月中旬をピークに、3月中旬―6月上旬に営巣、産卵する。この間、同営業所では協力業者と手分けし、電柱上に作られた巣を見つけるパトロールと撤去作業を週2回ずつ実施。撤去は多い年で1000カ所近く、今年は今月15日までで既に540カ所に上っている。

 この日、藤塚地内の6600ボルトの高圧電流が流れる高さ13・5メートルの電柱では、配電技術サービス課の柿崎敏紀技術長ら3人が高所作業車を使って作業。バケット(籠)に乗った2人は感電を防ぐため、先端にマジックハンドが付いた絶縁棒を使い、電柱頂上部に枝を組んで作られた巣を慎重に撤去した。

 巣は未完成で、卵は入っていなかった。カラスは同じ場所に何度も営巣するため、この場所も今月15日に一度撤去後、数日間で完成近くまで大きくなったものだった。もし産卵後の場合、卵は撤去できるが、ひながかえっていた場合は野鳥保護の観点から手を出せず、巣立ち後に撤去することになるという。

 柿崎技術長は「なるべく産卵前に撤去するよう小まめにパトロールし、住宅街では巣の材料が落ちて周辺を汚さないようにも気を付けている」と話した。

 柿崎技術長によると、東北電力管内の7県のうち、本県はカラスの繁殖に環境が適しているのか、最も営巣が多い。酒田営業所管内では小まめなパトロールと撤去によって、営巣が原因の停電は昨年1件、今年は2件にとどまっている。

 同営業所総務課の鈴木徹さんは「電柱に巣を作っているのを見つけたら、速やかに連絡を」と情報提供を呼び掛けている。連絡先は東北電力コールセンター=フリーダイヤル0120(175)366=へ。

カラスの巣を撤去する東北電力酒田営業所の作業員たち=19日、酒田市藤塚地内
カラスの巣を撤去する東北電力酒田営業所の作業員たち=19日、酒田市藤塚地内



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field