文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2017年(令和-1年) 2月9日(木)付け紙面より

栄小でサッカーJ2・モンテディオ山形「応援給食」

 鶴岡市立栄小学校(齋藤祐子校長、児童36人)で7日、サッカーJ2・モンテディオ山形の「応援給食」が行われた。同チームのマスコットキャラクター・ディーオが登場し、○×クイズなどを通して児童と触れ合った。

 栄養教諭による食に関する指導が給食の時間に行われ、モンテディオ山形が協力して子どもたちの食への興味を引き出し、バランスの良い食事の大切さなどを学んでもらうもの。

 この日、モンテディオ山形営業部の大滝康雄さん、同事業部の疋田司さん、ディーオが栄小を訪問。ランチルームにディーオが登場すると児童から歓声が起こった。初めに市給食センターの栄養士とディーオによる「食育栄養○×クイズ」が行われ、「食べ物を栄養の要素で分けると赤、白、緑になる」(正解は赤、黄、緑)、といった出題に、児童たちは手を挙げて答えていた。

 続いて大滝さんが「スポーツ選手の食事」について講話。「モンテの選手たちの食事は天ぷらなどの揚げ物、刺し身などの生ものは出ない。特にキャンプ中は毎食ひじきやヨーグルト、納豆、キムチを食べる。これは腸を整え免疫力を高めるため」と解説した。

 また、鶴岡市出身で元モンテディオ山形の鈴木翼選手(現・JFL奈良クラブ所属)のメッセージが読み上げられたほか、児童たちの給食にディーオも同席し食事のマナーや偏食チェック。給食の後は大滝さん、疋田さんも交えて体育館で児童たちとサッカードッジなどで交流した。

モンテディオ山形のディーオが栄小を訪問。児童たちの給食に同席し交流した
モンテディオ山形のディーオが栄小を訪問。児童たちの給食に同席し交流した



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field