文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2017年(平成29年) 3月19日(日)付け紙面より

滑稽な舞 笑い誘う 春を告げる「安丹神楽」

 「春を告げる神楽」として知られる安丹神楽が17日、鶴岡市の安丹公民館で行われた。神事の神子(みこ)舞や獅子舞、「笑福」などの演目が披露され、軽快な笛太鼓や舞い手の滑稽な動きで地元住民の笑いを誘った。

 安丹神楽は、江戸時代の安政6(1859)年に安丹地区でコレラが流行した際に、疫病退散を祈願して神楽を舞ったところ、1人の死者も出なかったという言い伝えを起源とする神事。現在は住民で安丹神楽会(佐藤惠一会長)を組織し、35歳以下の男衆6人が安丹の稲荷神社に神楽を奉納している。

 のどかな日差しが春の訪れを感じさせるこの日、会場には地区住民やアマチュアカメラマンなど合わせて約100人が集まった。目当ては「長兵衛」と呼ばれるひょっとこが滑稽な舞を披露する「笑福」。神子舞や獅子舞、「剣の舞」が奉納された後、長兵衛が登場した。客席に入り込んで子どもや女性に“ちょっかい”を出しては会場の笑いを誘った。

 家族で訪れた近くに住む吉田信子さん(68)は「この祭りが来ると、いよいよ農作業が忙しくなるという感じ。お父さん、息子と、代々太鼓の役をやってきたので、孫にも引き継いでもらいたい」と話していた。

ちょっかいを出して笑いを誘う安丹神楽の長兵衛
ちょっかいを出して笑いを誘う安丹神楽の長兵衛



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field