文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2017年(平成29年) 5月28日(日)付け紙面より

車の解体に挑戦

 それぞれものづくりの楽しさを学ぶ活動をしている「鶴岡少年少女発明クラブ」と「三川少年少女発明クラブ」が合同で27日、鶴岡市寺田の県自動車販売店リサイクルセンター庄内事業所で自動車を丸ごと解体する作業に挑戦。工具を使いながらバンパーやドアを外し、車の構造や部品などについて学んだ。

 両発明クラブは市町教育委員会を事務局にそれぞれ活動。5月初旬に本年度の活動がスタートし、鶴岡は小学3年―中学1年の23人、三川は小学4―6年の16人が参加。今回は、開講後初の課外活動として、同リサイクルセンター庄内事業所の協力で合同の活動として実施した。

 この日は鶴岡19人、三川15人のメンバーと保護者、同センターの職員6人が参加。廃車にする普通乗用車4台を用意し、黄色のヘルメットをかぶった子どもたちが2班ずつに分かれて作業。いずれも鶴岡クラブの阿部祥子さん(9)=鼠ケ関小3年=は「車の仕組みが分かって楽しい」。ドア4枚を外した浅黄倖太君(12)=朝暘四小6年=は「ドアは1カ所が4つのねじで止められていた。将来は車を造る仕事をしたい」と話していた。

画像(JPEG)



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field