文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2017年(平成29年) 5月30日(火)付け紙面より

大自然を満喫 タキタロウまつり

 鶴岡市大鳥のタキタロウ公園周辺で28日、「タキタロウまつり」が開かれた。大勢の家族連れなどでにぎわい、魚のつかみ捕りやボート遊びなどを通して自然と戯れた。

 朝日連峰北稜・以東岳(標高約1771メートル)と、幻の巨大魚「タキタロウ」が生息する大鳥池の山開き行事。新緑の大鳥地区を広くPRしようと、地区住民や鶴岡市朝日庁舎などで組織する実行委員会(工藤朝男委員長)が毎年この時期に開催。今年で32回目。

 恒例のイベントに大勢の家族連れらが来場。赤川の一角約50メートルを仕切って行う魚のつかみ捕りや、ボート遊び、地元産山菜などを販売するあさひ屋台村、ベルト状のラインの上でバランスを取るスラックライン、タキタロウや狩猟文化についての講演などさまざまなイベントが行われた。

 毎年人気の魚のつかみ捕りでは、ニジマスやイワナ合わせて約90キロを用意。開始の合図とともに川に魚が放たれると、子どもたちは清流の冷たさに体を震わせながら、夢中になって魚影を追い掛けていた。祖父と一緒に来た中小原和馬君(11)=朝暘六小5年=は「水がすごく冷たかったけど10匹くらい捕まえた。家族と分け合って焼いて食べる」と話していた。

画像(JPEG)



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field