文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2017年(平成29年) 8月29日(火)付け紙面より

タイ旅行会社幹部と庄内観光関係者意見交換

 観光庁の東北観光復興対策交付金事業で県内の視察ツアーに訪れたタイの旅行会社幹部らが26日、酒田市公益研修センターで地元の観光関係者や行政関係者らと意見交換し、東北地方や本県の観光の可能性や課題を語り合った。タイ側からは自然景観や祭り、食などを高く評価する声が上がった一方で、「飛行機もバスも高く、東北ツアーは日本の中で最も高額になる」「言葉が通じない」などの課題が指摘された。

 視察ツアーは、県庄内総合支庁が観光庁の事業を活用し、酒田市を拠点に海外からの観光客誘致を推進している一般社団法人「みちのくインバウンド推進協議会」(熊谷芳則代表理事)のコーディネートで実施。タイの旅行会社の社長や会長、タイ航空観光部長ら6社の8人が今月23―27日の4泊5日の日程で県内の観光地を巡った。意見交換会には、本県側として協議会会員のホテル、航空、鉄道、バス、物産、県、市町村の関係者ら約20人が参加した。

 タイ側の関係者は今回のツアーの感想で、高評価点としては「東北は自然や文化が素晴らしい上、人もとても親切で温かい。タイ人は温かい歓迎に感激しやすい。四季の自然が素晴らしい」「料理がとてもおいしい」「バスのドライバーは東京などに比べ、とても親切で優しい」「新庄まつりはとても感動した。重要な観光素材になる。タイ人は祭り好きなので、桟敷席に座るより、自由に歩き回って露店で食べたりする方が良い」といった意見が出た。

 一方、課題としては、「ホテルやレストランがなかなか取れず、やっと取れても高額になる」「言葉が通じない」「タイ人は買い物が好きだが、今回はまだ満足できる買い物をできていない」「東京からの二次交通が飛行機やバスも高額になる。北海道にはタイとの直行便があるので、東北は日本ツアーの中で最も高額になる。仙台などに直行便を飛ばしてほしい」「肘折温泉(大蔵村)は設備面での課題が残るが、とても良い観光素材」などが挙がった。

 そのほか、「団体が減り、自分で計画をつくり自由に回る人が増えている。(東京、大阪、京都などの)ゴールデンルートでそれはできるが、東北では難しく、皆さん(みちのくインバウンド推進協)のようなサービスが必要」「東北の知名度は低い。東北より『おしん』の方が知名度がある。タイの若い世代は一般に『おしんは父母や祖父母世代のもの』という認識だが、あらためてドラマを見ると、若い世代も感動するので、訴求力はある。おしんをうまく使って」という提言もあった。中には「東北にたくさんの観光客を連れてくると約束する」と力強く述べる人もいた。

タイの旅行会社の関係者(左側)が東北ツアーの可能性や課題を述べた
タイの旅行会社の関係者(左側)が東北ツアーの可能性や課題を述べた



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field