文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2017年(平成29年) 8月31日(木)付け紙面より

全編が鶴岡ロケ

 鶴岡市内で映画作品のロケを行う塚本晋也監督(57)が30日、同市役所を訪れ、自身初の時代劇作品となる新作について榎本政規市長と懇談した。ロケは同市のスタジオセディック庄内オープンセットを中心に31日から9月下旬にかけて行い、全編が鶴岡ロケの作品になるという。来秋の公開を予定している。

 塚本監督は東京都出身。1989年に「鉄男」(ローマ国際ファンタスティック映画祭グランプリ)で劇場映画デビュー。数々の作品で国内外の映画賞を受賞しており、主演や脚本なども務めた2015年公開の「野火」では、第70回毎日映画コンクールの監督賞や男優主演賞を受賞するなど話題となった。昨年は俳優として、遠藤周作の小説をマーティン・スコセッシが映画化した「沈黙―サイレンス」にも出演している。

 新作の時代劇は、幕末の江戸近郊の農村が舞台。世の中が大きな転換期を迎える中で、一本の刀と若者、周囲の人々との関わりを通して、なぜ戦が絶えないのか、なぜ人を斬らなければならないのかを深く見つめ、紛争の絶えない現代世界にこれを問う作品という。

 「昔ながらの風景」を求め2カ月ほど前、同オープンセットを運営するM&NCOの丸山典由喜社長の紹介で鶴岡を訪れ、下見を行いロケ地に選んだ。塚本監督は「今の時代のことを考え、この時期に作らなければならないと考えた。オープンセットの農村エリアは建物に加えて、昔ながらの田んぼもあり、ここでなら撮れる。全編を鶴岡で撮影する」と話し、オープンセットのほか羽黒山や金峰山などでロケを行う。金峰山は映画のラストシーンの撮影を予定している。塚本監督が脚本を書き、出演もする。

 映画のタイトルは未定で、キャストは未公表。「一本の刀を見つめて過剰な感情を抱く若者の物語を撮りたい」と意欲を語った。

鶴岡市役所を訪れ、全編鶴岡ロケの新作の時代劇作品について語る塚本監督
鶴岡市役所を訪れ、全編鶴岡ロケの新作の時代劇作品について語る塚本監督



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field