文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2017年(平成29年) 9月5日(火)付け紙面より

酒田沖で強震・津波 多面的に対応 県・酒田市総合防災訓練

 大規模地震発生を想定した県と酒田市合同による総合防災訓練が3日、同市の光ケ丘陸上競技場周辺を主会場に開かれ、同市の第一中学校区の住民ら約5000人が救助や消火、医療救護、避難所運営など多面的な訓練に取り組み、有事の対応を確認した。

 広く県民の防災意識を高めようと県が毎年この時期、県内各地で回り持ちで開催している訓練。今年は酒田市の第一中学区の各自治会自主防災組織を中心に、県と同市、酒田警察署、酒田地区広域行政組合消防本部、陸上自衛隊第6師団、電気やガス、水道、通信といったライフライン事業者など計74団体から約5000人が参加した。

 災害の想定は「酒田市西方沖の海底を震源とするマグニチュード7・8と推測される地震が発生し、酒田市では震度6強を観測。津波も発生した」というもの。各自治会は松陵学区コミュニティ防災センターに住民を避難誘導するとともに、競技場内への現地災害対策本部の設置や情報収集、倒壊建物・車両からの被災者救出、県ドクターヘリを使用した医療救護、ライフライン復旧など、災害時に想定される被害や課題に沿った訓練を次々に繰り広げた。

 訓練を視察した吉村美栄子知事は「時宜を得た訓練。各機関による専門的なものに加え、救出訓練など住民相互に助け合うものもあって心強く思った」と話した。

多面的な訓練で有事に備えた県・酒田市合同による総合防災訓練
多面的な訓練で有事に備えた県・酒田市合同による総合防災訓練

倒壊したブロック塀から負傷者を救出する地域住民による訓練。相互に助け合う姿が見られた
倒壊したブロック塀から負傷者を救出する地域住民による訓練。相互に助け合う姿が見られた



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field