文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2017年(平成29年) 9月8日(金)付け紙面より

「常温乾燥技術」学ぶ 農商工観連携6次化セミナー

 つるおか農商工観連携総合推進協議会と鶴岡市、県庄内総合支庁が主催する「農商工観連携・6次産業化セミナー」が6日、同市の出羽庄内国際村で開かれ、食材の新たな乾燥技術「常温乾燥技術」に関する講演や事例発表、試食などが行われた。

 鶴岡産の農林水産物の新たな活用方法と加工品の高付加価値化による販路拡大を探る目的で企画。比較的取り組みやすいドライフルーツや乾燥野菜に焦点を置き、従来の温風乾燥やフリーズドライとは異なる新たな乾燥技術と事例を紹介し、生産者や企業関係者ら約120人が参加した。

 山形大大学院機械システム工学分野准教授の鹿野一郎さんが「乾燥しているけど成分は生? 風を自由自在に操る新技術―常温乾燥技術のヒミツ」と題して講演。除湿と送風乾燥を組み合わせた常温乾燥は、他の乾燥方法と比べ素材の風味が生かされるとして、野菜クッキーやジェラート、魚の一夜干し、大根おろしなどへの応用事例を紹介し、ジェラートについては「不向きと思われたアスパラガスやパプリカの評判も良かった」と語った。

 また事例紹介では、常温乾燥技術で生産した乾燥だだちゃ豆を使った菓子を商品化した同市の「木村屋」の吉野隆一社長が「常温乾燥技術を利用した商品開発の取り組み」のテーマで発表し、「さまざまな試行錯誤はあったが、安心・安全で風味あるものができると確信し、完成度の高い菓子を製造できた。常温乾燥のだだちゃ豆は、大手を含め多方面から引き合いがある。常温乾燥は挑戦してみる価値はある」と述べた。

 試食会では常温乾燥した木村屋のだだちゃ豆、鹿野准教授が持ち込んだトマトとリンゴが提供され、参加者たちは「味が濃い」「素材のうまさが分かる」など感想を話し合っていた。

試食で常温乾燥した素材の味を確かめる参加者たち
試食で常温乾燥した素材の味を確かめる参加者たち



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field