文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2017年(平成29年) 9月23日(土)付け紙面より

「荘銀タクト鶴岡」こけら落とし 来年3月18日 N響公演決定

 鶴岡市の新文化会館「荘銀タクト鶴岡」のグランドオープンを飾るこけら落とし公演が、NHK交響楽団による公演に決まった。来年3月18日(日)、ソリストのピアノに仲道郁代さんを迎え、モーツァルトやブラームスの作品を演奏する。市はグランドオープンから1年間を開館記念の「オープニングイヤー」と位置付け、多様なジャンルの自主公演を企画しており、5月には劇団四季のミュージカル、7月には松竹大歌舞伎の公演が行われる。

 荘銀タクト鶴岡の大ホールは「生の音の響き」を重視したホールとなっており、国内最高峰の交響楽団の演奏でホールの響きに触れてもらおうと、市が働き掛けてきた。

 こけら落とし公演では、尾高忠明さんを指揮者に、仲道さんがソリストとして加わり、モーツァルト「ピアノ協奏曲第20番ニ短調K・466」、ブラームス「交響曲第1番ハ短調作品68」などの演奏が予定されている。

 劇団四季の公演は、同劇団が今年の創立65周年を記念して制作したミュージカルで、全国公演の一つとして5月6日(日)に開催。松竹大歌舞伎公演は7月16日(月)にあり、「中村橋之助改め八代目中村芝翫襲名披露」の公演を予定。8月25日(土)には海上自衛隊東京音楽隊の公演も開催される。

 具体的な公演内容、チケットの販売方法、販売日などは決まり次第、市の広報やホームページなどで周知する。このほかにも、オープニングイヤーの企画として多様な公演を予定している。

来年3月の荘銀タクト鶴岡グランドオープンを飾るNHK交響楽団
来年3月の荘銀タクト鶴岡グランドオープンを飾るNHK交響楽団



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field