文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2017年(平成29年) 10月11日(水)付け紙面より

多くの家族連れにぎわう 「由良港大漁祭」

 地元で水揚げされた旬の鮮魚を格安で販売する「由良港大漁祭」が8日、鶴岡市の県漁協由良総括支所で開かれ、多くの家族連れなどでにぎわった。

 魚種が豊富で新鮮な地元の魚をPRし、魚食文化の普及を図ることを目的に、加茂、由良、堅苔沢などの底引き網漁の船長などで組織する鶴岡北地区底曳(そこびき)船頭会(志田正会長)の主催で2009年から毎年開いている。

 晴天に恵まれたこの日、大漁旗がはためく会場には、午前10時半ごろの鮮魚販売開始に合わせて大勢の行楽客が来場。前日水揚げされたばかりのタイ類やカレイ類、ヒラメ、ハタハタ、ズワイガニなどが格安の「飛び値」で販売された。このほか、カニ汁やアンコウ汁、クロヌタウナギ(ボウアナゴ)などの焼き魚、サザエのつぼ焼きなどの海の幸も販売された。

 山形市から家族で訪れた佐藤航太君(8)=山形市立第九小3年=は、由良出身の父親の篤さん(40)と2人で県漁業監視調査船「月峯」に乗船体験。「酔いやすいんだけど楽しかった。かじも触ったよ」と話していた。

 今回は、鶴岡の食文化体験プログラムで市が受け入れている昭和女子大(東京都世田谷区)の学生も参加し、準備に協力した。

旬の鮮魚が格安で販売。会場に威勢のいいやりとりが響き渡った
旬の鮮魚が格安で販売。会場に威勢のいいやりとりが響き渡った



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field