文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2017年(平成29年) 11月25日(土)付け紙面より

華やかに優雅に自作ドレス披露

 鶴岡中央高校(伊藤吉樹校長)の生徒たちによる自作ドレスのファッションショー「シルクガールズコレクション」が23日、鶴岡市のマリカ市民ホールで開かれた。華やかな衣装に身を包んだ高校生モデルらがランウェイを堂々と歩いた。

 総合学科の生徒たちが課題研究として、市や鶴岡織物工業協同組合の協力を得て「シルクガールズ・プロジェクト」に2010年度から取り組む。同プロジェクトの一環でファッションショーを開催しており、今回は「Bright~ひとりひとりの華を咲かせて」のテーマの下、被服系の2、3年生計36人が今春から鶴岡シルクなどを使い、合わせて68着を製作してきた。

 ショーは午前と午後の2回に分けて行われ、このうち午後の部では、出演者の家族や一般市民など約200人が来場。初めに、地元の園児や福祉施設利用者などのゲストモデルによるステージを繰り広げた。その後の製作した被服系の生徒が出演するステージでは、華やかな色のパーティードレスや純白のウエディングドレスなどを身にまとい、優雅な姿を披露した。演出や司会など高校生による手作りのステージに、見守る来場者から大きな拍手と歓声が送られていた。

鶴岡中央高の生徒たちによる鶴岡シルクをつかった自作のファッションショー
鶴岡中央高の生徒たちによる鶴岡シルクをつかった自作のファッションショー

優雅にランウェイを歩き、自作のドレスを披露する高校生たち
優雅にランウェイを歩き、自作のドレスを披露する高校生たち



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field