文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2017年(平成29年) 12月8日(金)付け紙面より

海の幸とイベント発信 食の都庄内「冬の三寒四温」

 冬の庄内の魅力を広く内外にアピールする「食の都庄内 冬の三寒四温」観光キャンペーンのキックオフイベントが6日夜、鶴岡市のグランドエル・サンで開かれた。冬の海の幸とイベントをオール庄内で盛り上げていくもので、この日を皮切りに来年3月31日(土)まで展開。天然トラフグや新酒、祭りなど冬季の魅力アップで誘客、活性化につなげる。

 庄内観光コンベンション協会(会長・皆川治鶴岡市長)が初めて企画。冬のおすすめ食材を「庄内三寒」(寒ダラ、寒フグ、寒ズワイガニ)、観光素材を「庄内四温」(温泉、新酒、まつり、ひな)としてPR。12月から3月まで冬のイベントを網羅したチラシを用意し地域一体となった観光振興を図る。

 この日のキックオフイベントには地元関係者をはじめ首都圏の旅行会社、マスコミなど約110人が出席。県庄内総合支庁の小野真哉支庁長は「庄内の多種多様な魅力を多くの方に体感してもらいたい」とあいさつ。「食の都庄内」親善大使の奥田政行シェフのビデオメッセージ、県酒造組合の小関敏彦特別顧問の庄内の酒の魅力についての講話に続き、地酒で乾杯した。

 地元で水揚げされた天然トラフグとマフグのてっさ(刺し身)の食べ比べ、いずれも「食の都庄内」親善大使の太田政宏、土岐正富、古庄浩の3氏によるズワイガニのキッシュやタラのブイヤベース、在来野菜のパプリカソースがけ、若手シェフによるタラの白子のクリーム仕立てスパゲティなど地元の食材をふんだんに使ったメニューが振る舞われ、庄内全18蔵元の地酒コーナーも設けられた。

 都内でPR会社を経営する今野里香さんは「日本酒や庄内産野菜など都内のグルメの人は庄内の存在を知っている。ただ、何かきっかけがないと足を運ぶ機会がない。都内からどのぐらいの距離なのか、交通手段は―など工夫して情報発信したら誘客になると思う」と話していた。

 「食の都庄内 三寒四温」観光キャンペーンの主なイベントは次の通り。

 ▽食の都庄内天然とらふぐキャンペーン(庄内一円の23店舗参加、2月28日まで)▽鶴岡旬御膳「冬のごっつぉめぐり」(鶴岡市内の温泉や民宿、飲食店が参加、1月13日―2月28日)▽庄内DECクラブ・庄内産冬三昧(西洋レストラン18店舗参加、1月1日―2月28日)▽タクシープラン・庄内美酒探訪(タクシーで酒蔵・飲食店を周遊、1月7日―2月28日)

トラフグとマフグのてっさの食べ比べや「食の都庄内」親善大使たちが地元食材を使って腕を振るった料理を楽しむ参加者
トラフグとマフグのてっさの食べ比べや「食の都庄内」親善大使たちが地元食材を使って腕を振るった料理を楽しむ参加者

旬を迎えた庄内の冬のおすすめ食材の一つ、庄内浜の天然トラフグのてっさ
旬を迎えた庄内の冬のおすすめ食材の一つ、庄内浜の天然トラフグのてっさ



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field