文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2017年(平成29年) 12月17日(日)付け紙面より

荘内銀行 移動店舗車を導入

 荘内銀行(本店・鶴岡市、上野雅史頭取)は、ATM(現金自動預払機)などを搭載した移動店舗車1台を導入し、19日(火)から運用する。統合などで店舗のない地域を巡回し顧客の利便性向上に応えるもので、当面は15日で営業をやめ本店に統合された旧三瀬支店駐車場で営業する。移動店舗車の導入は県内の地方銀行では初めて。

 運用に先立ち、15日に本店駐車場で完成披露セレモニーが行われ、上野頭取や皆川治鶴岡市長ら4人がテープカット。3トントラックを改修し、荷台部分にATMと窓口業務を行える店舗を搭載した移動店舗車がお披露目された。トラックの両面は海面を模した水色で同行マスコットキャラクターやクラゲなどが描かれている。

 移動店舗車の営業時間は午前10時―午後2時。行員3人と運転手1人で運行し、取り扱い業務は預金の新規口座開設、預け入れ・引き出しなど一般的な銀行業務を行う。当面は旧三瀬支店駐車場で毎週火曜日に営業。その後の運行スケジュールはホームページで告知する。

 同行では「統合によって窓口がなくなった地域のサービスを維持し、巡回によって店舗がなかった地域での新たなチャネルを開拓するなどサービスネットワークの充実を図りたい。また、発電機も塔載しているので災害時の被災地巡回、電源供給といったことも可能」と話している。

銀行窓口サービスを提供する移動店舗車「荘銀くらげGO(号)」の運用に先立ち上野頭取(右から2人目)らがテープカットした
銀行窓口サービスを提供する移動店舗車「荘銀くらげGO(号)」の運用に先立ち上野頭取(右から2人目)らがテープカットした

通常の窓口業務が行われる移動店舗車の車内
通常の窓口業務が行われる移動店舗車の車内



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field